包茎解消とサプリべファインの関係って?

べファインというサプリがあるのですが、
包茎解消とこのサプリの関係をまとめてみました。

なぜ包茎を治そうと努力する人たちの間でべファインがキーワードになるのか。
その理由はこちらの体験談にあったようです。

熊本県の峰村将司さんのお話です。
峰村さんは高校の時に短小包茎であることが周りの友人たちにばれてから、
包茎菌というあだ名でいじめにあっていました。
しかし、べファインを使って12cmも大きくすることに成功!

彼のデカチンは会社でも噂になり始め、
そんな中で経理の女の子とお付き合いすることに!
包茎だった過去を隠す人が多い中で、峰村さんは幸せそうに話してくれてます。

手術をしないで彼女をゲットできたということがたくさんの人に希望を与え、
ネット上では話題になっているみたいですね。

親や家族にばれないように包茎手術をするには

実家で暮らしの社会人や大学生、高校生にとって
包茎手術をどのようにするか、というのは悩みの種ですね。

もしあなたが未成年ならば、家族にばれずに包茎手術をする方法は
残念ながらほとんどありません。
なぜなら未成年者への手術には、保護者の同意書が必要になるからです。
未成年の場合は、サプリを使って包茎をなんとかすることになります。

また、仮に成人だったとしても、
家族にばれずに包茎手術をするのはなかなか大変なものがあります。

包茎手術自体は日帰りで終わる手術ですので、
費用さえ用意のできるのであれば、その日のうちに終わることができます。

しかし、実家暮らしが大変なのは包茎手術を終えた後です。
毎日の消毒はとっさに隠すことができないのでオナニー以上に気を遣います。
といっても、消毒の問題はトイレですれば解決です。
問題は血まみれのパンツ。そう、手術後も患部から出血がありますから、
そのパンツを選択してもらう時に大変なことになるでしょう。

いっそパンツを使い捨てしてしまうのも手ですよ。
なお、包茎手術時にヒアルロン酸などの注入や、
傷跡が残ると脅されることがありますが、嘘ですので屈しないように。
心配ならやはり、まずはサプリを試してみるのがいいでしょう。
こちらも家族にばれないように完全梱包となっています。

包茎手術詐欺の一例

今は包茎手術に代わるサプリとしてべファインが注目されています。

今日は包茎手術で行われた詐欺の実例について紹介したいと思います。
そのクリニックでは、包茎手術の費用はすべて込みで15万円と紹介していました。
これだけでも高いのですが、アルバイトなどで賄えない費用ではありません。

ある大学生がアルバイトでお金をためて、早速無料カウンセリングを申し込みました。
クリニックにいくと、まずは問診票への記入を求められました。
それが終わると、診察をするといわれ、下半身裸でベッドで待たされました。

その後男性(医師?)がきて、15万円で手術を希望する大学生に対しいてこういったのです。
「15万円の手術は仕上がりが汚いから、30万円以上の手術にした方がいい
 ほとんどの人が15万円の手術は選ばない。
 また、君の場合は亀頭を増大させるためにコラーゲン注射が必要だ」

大学生は一生にかかわる問題であったため、
クレジットで支払いが可能だったとも聞いたので、手術を承諾してしまった。
すると、医師があなたの場合はコラーゲン注射は15本(1本6万円)と説明されたうえ、
30分ほどで手術が完了した。

最後に支払いの段階で契約書を確認したところ、
手術代金は、なんと120万円で、支払総額は6年払い
手数料込で210万円となっていました。

この大学生は翌日、勇気を出して両親に相談し、詐欺が発覚しました。

やはり手術で詐欺にあうよりも、
増大サプリで地道に増大を目指すべきではないでしょうか。